Kanazawa Shingo|株式会社日本アルトマーク

Kanazawa Shingo

Kanazawa Shingo

Kanazawa Shingo

入社の動機とこれまでの職歴を教えてください。                     
就職活動時には、あまり業界にこだわらず営業職を中心に活動していましたが、アルトマークの企業紹介で医療業界に関心をもつようになりました。最初はアルトマークの事業内容をイメージできなかったのですが、説明を聞いているうちに製薬業界を中心にとても大きな存在であることを知り、製薬企業と共同で医療業界を支えるデータベースを構築するというビジネスモデルに興味をもつようになりました。間接的ではありますが、医療に貢献できるやりがいがあると感じ、入社に至りました。
入社後は、アルトマークの基盤であるメディカルデータベースの営業を7年経験し、データベースの販売やソリューションの提案を行っておりました。NTTドコモグループとなってからは営業を離れ、新規事業の部門を1年経て現在の所属部署に至ります。

現在はどんな仕事をしていますか?
今年度から異動し、医療従事者向けのWebサービス「medy」の企画・運用を担当する部署に所属し、主に新規web会員獲得のための施策の検討・実施を行っています。医療系のwebサイトは競合が多く、その中で医師の方に会員登録していただく施策を考え実施していくことは難しいこともあります。しかし、様々なプロモーション施策を行う上で、ちょっとした工夫で反応が変わることがあり、いかに医療従事者側の目線で考えることが大事かを実感することが多いです。難しさはありますが、とてもやりがいのある仕事だと感じています。

施策ごとの効果検証や改善を行い、より多くの医師の方に認知してもらえるサービスにしていきたいです。

入社してから今まで一番印象に残っている仕事は?
入社4年目、営業部に所属していた時のことです。製薬メーカーにおけるマーケティングを支援するデータベースを販売するため、顧客企業のターゲティングから行い、担当者への紹介を重ねてようやくキーマンに提案することができました。その過程で様々な課題にぶつかりながら、1年越しで契約に至ったことが一番印象に残っている仕事です。周りの協力を得ながら自分で考えた提案のプロセスが進んでき、最終的に結果につながったときに、これまでにない達成感を得ることができました。                  

今後の目標、キャリアプランを教えてください             
短期的な目標は、現在担当している「medy」について、会員数の増加やサイトの活性化に向けて最大限貢献し、サービスとして成功できるようにすることです。また、日本が超高齢社会に突入する突入する今、医療行政も大きくシフトすることが予想されます。行政の動きによって目まぐるしく変化する医療業界において、その変化を瞬時に捉え、MDBという基盤を活かして医療従事者や製薬メーカーが必要とするサービスを提供できるような企画力を身につけたいと思っています。これが私の中期的な視点の目標です。
今後もジョブローテーションを通してさまざまな部門を経験することで幅広い視野や知識を身につけ、スキルを伸ばせるように努力していきたいです。