日本アルトマークとは|株式会社日本アルトマーク

日本アルトマークとは

日本アルトマークとは

日本アルトマークとは

日本アルトマークについて

医療業界を支える情報インフラ

◆1962年創業の情報提供サービス企業です
医療従事者・医療施設等の医療分野における情報提供サービスを行っている会社です。創業以来50年以上にわたり製薬企業をはじめとする医療関連企業向けにメディカルデータベース(MDB)を提供しています。


◆NTTドコモグループならではの強みを持っています
2013年より、メディカル・ヘルスケア領域の強化を目指すためNTTドコモのグループ会社となりました。
50年以上の歴史ながら鮮度を保ち続ける唯一無二のメディカルデータベースに、ドコモグループならではのネットワークを融合することにより、メディカルデータベースの将来におけるさらなる発展を目指しています。



メディカルデータベース(MDB)とは

医療業界を支えるデータベース


メディカルデータベースとは、
全国の医療関連施設及び医師、薬剤師の基本情報をほぼ100%収録した国内唯一の医療データベースの総称です。
日本の医療関連企業、団体様(226社:2017年5月)によって、広く標準的に利用されている基本データであり、「データの精度、鮮度、網羅性」に特徴があります。

メディカルデータベースは、
『人の生命・身体の保護又は公衆衛生の向上のために』
医薬品の緊急安全性情報やドラッグインフォメーションなど、
『医師が医師としての使命を果たすために必要な情報』
を医師に漏れなく、しかも迅速に伝達し、患者さんの治療に役立てていただくために構築されました。