Nagakura Koji|株式会社日本アルトマーク

Nagakura Koji

Nagakura Koji

Nagakura Koji


「私の仕事」
現在私は、基幹システムの運用保守から新規案件のシステム要件取りまとめ等の、マネージメントを主に担当しております。私の所属しているチームは、基幹システムを預かっている立場ですので、まず第一に安定した運用を考え、それを実現するために日々の業務で創意工夫しています。また、新規案件ではシステム部門としての技術サポートを通じ、お客様に満足いただけるシステムを提供できるようチームワークを大事に日々の仕事を行っています。

入社の動機と職歴」
前職からIT業界におりました。主に、取引企業に常駐しメーカーSEの立場でインフラから業務アプリの開発等の幅広い業務に携わり、契約が満了次第、当たり前のように別の現場で作業することを繰り返していました。そうした中アルトマークへ派遣され、契約に従った業務を行っていましたが、3~4年経った頃アルトマークが持っている大きなビジネスモデル、提供しているデータの社会貢献度を深く理解することができ、「このまま一業務が完了するだけで終わりたくない」と感じるようになりました。「私が本当にやりたかった事はなんだろう」と自問自答し、「自らサービス・商品を提供する立場となり、お客様に喜んでもらう事だ!」との結論に至り、アルトマークに入社することを決意しました。現在に至るまでチャレンジをし続け、入社7年目となりましたが、あの時の決断が間違っていないと今でも感じています。


「仕事をしているうえで、大切にしていること」
「相手の話を”聴き”、相手と”対話”し、相手と”相互理解”をする」
どんな場面、どんな仕事内容であっても、私はこの言葉を常に頭に入れて行動しています。システム担当者というと、つい独り善がりになってしまいがちです。一番危険なことは、自身の中で勝手に言葉を解釈し、決めつけてしまうことだと考えています。これは、結果として勘違いによる作業の後戻りや、出来上がったものが想定外である等とマイナスの要素を生み出してしまいます。私自身この言葉を100%実践できるとは思っていません。大事なことは、このような意識をチームメンバー一人ひとりが持つことです。それが、良いものを創る最大の近道になると思っています。

「アルトマークで働く魅力」
アルトマークで働く魅力は、ユーザ部門からの声を聴き、要望を具現化するために要件整理から開発、納品・運用保守といった一気通貫の業務を行えることです。
アルトマークは、自社で商品・サービスを企画しお客様へ提供しているので、各セクションが協力して既存商品を磨き上げる、新商品を企画・創作するという活動が大小問わずプロジェクトとして動いているのも特徴です。
また、本社はワンフロアで営業・戦略・オペレーション部門等の関連部署がシステム部門と近い距離にあるため、改善やアイディアなど現場の生きた声をいち早くキャッチできる環境がより良いモノ作りへとつながっていると思います。